労働時間の定義

最近ではブラック企業という言葉がテレビでも報じられたり、サービス残業やパワハラ等労働問題に関するに言葉を耳にすることがあるかと思いますが皆様はどの程度理解されているでしょうか?
まず、労働時間についてですが労働基準法では休憩時間を除いた実労働時間になります。
そして残業時間は労働時間に含まれるわけですが残業時間に対する賃金である残業手当は通常の賃金の1.25倍であったり、残業が深夜に及ぶ場合はさらに高くなります。
ここでブラック企業ではサービス残業という言葉が出てくる訳ですが先ほど記載したように残業をすれば通常の賃金とは別に賃金を支払わなくてはならず、その賃金は通常の賃金より高くなります。
ですがブラック企業は出来るだけ賃金を支払いたくない為、タイムカードの改ざんやそもそも残業時間分のタイムカードを切らせなくします。
これがサービス残業になります。gf1940072417l
そしてこのようなことを繰り返し行い、所定労働時間(これ以上働かせてはいけない時間)を超えて働かせて賃金は通常の業務の賃金のみという構図を作る為、従業員は肉体的・精神的に追い詰められ退職をしていくのです。
ですがこのような事は殆ど表に出てくるわけでもない為、今も多くのブラック企業が存在しているのが現状です。
この記事をご覧になられた皆様も就職を決める際にはブラック企業に就職しないよう気を付けて下さい。

Comments are closed.